May. 11. 2017

OUTIL

CATEGORY : NEWS

TAGS : ,

フランスのヴィンテージウェアからインスパイアされたコレクションを展開する”OUTIL”のご紹介です。

IMG_1663


OUTIL(ウティ)

OUTILは、フランス語で「道具」、「ツール」の意味。
デザイナーが、洋服をある目的のために作られた道具として考え、
風合いやカラーを意識した拘りのつまったブランドです。



IMG_1667  IMG_1669


IMG_1668  IMG_1670


洋服がファッションではなく、実際に使用する目的を持つ道具として作られていたフランスの古い時代の洋服がデザインソースとなっています。

ただ、そっくりそのままではなく、デザイナーが一から作り込んだ風合いのある生地やボタン、日本人の体形に合わせたパターンなど、現代的なニュアンスを兼ね備えています。

デザイナーは日本人ですが、伝統的なフランスの技法や染色方法など、現在フランスでも制作が困難な状況にある技術を求めて現地まで訪ね、作り手と直接コミュニケーションを通して、ほとんどのアイテムをフランスで制作している稀有なブランドです。



今回ご紹介するパンツは生地から全て日本製。
シャツは全てフランスで作られ、それぞれのアイテムに合わせて最善の生地と
アトリエで製作されています。


IMG_1678  

IMG_1679  IMG_1682 pantalon metz

フランス軍の士官が履いていた1950s~60sのチノをベースにしています。

手作業でブラッシングされた、風合いある釦など細かい部分まで拘り、

特に裾の仕上げが特徴的でハンドステッチ、補強用の当て布付きと当時の名残を残した逸品です。





IMG_1676

IMG_1677  IMG_1681 chemisier millery

ネックのフロントにフラップの施された、シンプルながら単体でもさらりと着こなせるリネンシャツ。

大きめのポケットが配置され、袖口にはメタルボタン。

スッキリまとまったシルエットで、インナーとして使うこともできます。

女性らしさの中にフランス古き時代を反映させた、一味違うアイテム達を是非店頭にてご覧ください。