Oct. 09. 2017

salvy;

CATEGORY : NEWS

TAGS : ,



  
“salvy(サヴィー)”

生地の開発に力を注ぎ、“長年着続けられる”ことも視野に入れたその服は、アウトドア、ビンテージ、ストリートなどの要素をちりばめつつ、無国籍なデイリーウェアに落とし込まれています。
一見シンプルですが、生地のこだわりはもちろん、袖を通した時に初めて生まれる美しいシルエット、着心地、さりげないエレガンスな雰囲気。たちまちsalvy;の虜になってしまうでしょう。







   sleeveless tucked coat


台襟付きの大きめのカラーやラベルは60′sのトレンチコート、フロントのタックは2ndタイプのGジャンなどのヴィンテージディテールを取り入れ、袖を無くすことで季節に合わせたレイヤードを楽しむことができます。

タテ・ヨコ共に2/60ウールを使用し、高密度に打ち込んだシャンブレーツイルで
仕上げに撥水加工を施しています。







   ovesized turtle neck sweater


軽量エアリー特殊糸を使用し、オーバーサイズに編み立てたタートルネックのセーターです。
この特殊糸を使用する事で、見た目のボリュームに対して非常に軽く仕上げています。
一般的な糸を使い、同じ条件で編み立てた製品よりも、約30%ほど軽く仕上げる事ができています。
表目と裏目を交互に交差して立体感を出した特殊な編み柄や、表だしした剥ぎ目などで程よいアクセントをつけています。







  

   bizen no.1 twill wide trousers


毎シーズンサヴィーが提案している定番素材、備前1号ツイル。
1年程着込んでも生地が弱ることはなく、さらに着込んでいく事によってこの生地の持つ良さがどんどん増していきます。デニムと同様に「自分で育てる」トラウザーズとして考えた結果、ボタン等も同素材のくるみボタンを合わせ、着込んでいっても身生地との調和が取れる様に数年先まで見越し、デザインしています。